伝統工芸の技術

京友禅 - 手描き・手捺染

京友禅 - 手描き・手捺染

手仕事が生み出す深い味わい

京友禅の職人の手により、何枚もの型を正確に重ね合わせることでひとつの柄が染め上げられます。永年培われてきた歴史と職人の経験が、その美しさを可能にします。表面にインクを載せてしまう顔料染めやインクジェット等のプリントでは表現することの出来なかった類まれなる美しい天然皮革がここから生まれます。

Steaming Process

友禅革の特徴の一つ、染料の発色性を高める高温の蒸し。本来、熱を与えたり水に浸すと繊維が壊れ、傷ついてしまう革。友禅と革の職人が互いに知識を出しあい、吟味を繰り返し、蒸す時間や温度を微妙に調整することで、革の特性を克服いたしました。 そこにあるのは機械では表現することのできない繊細な色彩です。

京友禅 - 墨流し染め

京友禅 - 墨流し染め

二度とない出逢い

平安の昔、宮中の女人が、水に墨を落としたのが始まりとされています。その後、和紙の加工技術の中で発展し、現在では、正絹の着物にその加工が用いられる技術が完成しました。墨流しとは「水に墨(黒)(苦労)を流す」言葉の例えの如く、日本人にとっては、ありがたい図柄とされてきました。また、そのデザインは、同じものが出来ない本当の一点物であり、他に例を見ない究極の染色として、各方面から注目を集めています。

西陣帯箔 - 金銀箔模様

西陣帯箔 - 金銀箔模様

光の重なりが生み出す奥深さ

模様箔は単独で柄を表現するものではなく、織物の柄を効果的にするための役割を担ってきました。箔や塗料を何層に重ねてることで生み出される模様は、薄く、柔軟性があり、素材の風合いを損ねることなく、しかも深み(立体感)を持っており、そのバリエーションは、無限の可能性を秘めています。